岩手県 34駅 の中で 19番目 に開業した駅    みやもり(オアシスR107)   

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 岩手県の道の駅・フレーム表示 に切り替えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  岩手県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 スーパーに併設した道の駅。休憩施設は24時間利用可能、芝生の先に銀河鉄道の「めがね橋」が見える。】

鳥瞰図
外観が普通の食品スーパー(現在はホームセンターを併設)なので、国道283号を初めて走る場合は進入ルートが正しいか躊躇ってしまう。もちろん「道の駅マーク」は建っているが、何よりも国道の正面に見える「めがね橋」が絶好の目印になる。これはどちら側から来ても同じで、「あ、宮沢賢治だ!」と感じられるから嬉しい。
.
駅としての機能はスーパー店舗の右側一角を利用しており、もちろん駐車場やトイレも共用しているため、いつも見慣れている「道の駅」の感覚からは遠いが、機能的には特に問題なく充足している。
.
敷地右側には広い緑地と東屋が設けられており、すぐ近くの鉄橋を渡るJR釜石線の列車を間近で眺められる。
この「めがね橋」は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデルにもなった、郷愁を誘う風景だ。店内には列車が通過する時刻表も掲示されており、時間が近くなると見物客も集まり始める。
.
P泊には何の支障もないし、環境も文句なしだし、買い物にも便利なのだが...15分ほど走れば温泉のある道の駅「東和」まで行くことができる。宮沢賢治関連の施設が点在する花巻地区にも近くなるため、トイレ休憩程度で通り過ぎてしまうケースが多い。せめて軽い食事でも摂って橋を渡る列車を眺めてから出発しよう。
.
2017年夏、SL銀河ステーションが新たにOPENした。「めがね橋」を渡るSLの人気と併せて宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が注目を集めている。

基本データ

遠野市宮守町下宮守30地割37  0198-67-2929  休業:第1水曜  国道283号沿  日本橋から一般道で 504km

リンク先
近くの駅は

とうわ14 km  遠野風の丘:16km  はやちね:29km  石鳥谷:30km  紫波:31km  種山ヶ原:33km  はなまき西南:37km

駐車場

公称は大型車8台+普通車81台、スーパーの買物客が多い夕方前後に多少混雑する程度で全体の収容力には余裕がある。

騒 音

町の中心に近くてすぐ前がローソン、夜間も多少の騒音がある。P泊する場合は駅舎の右側(トイレは遠いが)が最も静か。

物産館

スーパーは9時半〜19時半、一般的な品揃えに加えて観光客向けの商品や地元野菜の扱いも多い。すぐ前にローソンあり。

食事処

店内の「銀河亭」は9時半〜19時半・典型的なローカルスーパーの食堂だが、予想よりも味が良く価格も安い。お薦めできる。
  麺類450円〜・ラーメン600円〜・日替ランチ630円(11〜14時、推奨!)・定食650円〜980円、選択肢は多い(メニュー画像)。

軽 食

店内の軽食コーナーにはカウンターとテーブル席があり、蕎麦・ラーメン・カレーなどメニューは多彩、テイクアウトもOK。
  店頭の「銀むす亭」はおにぎり専門で120〜170円、惣菜とミニ蕎麦を加えたセット(450〜600円)も扱い、屋外テーブルもある。
  その他、麺類の立ち食いコーナーもある。いずれもスーパーの営業時間内には営業している。

休憩施設

スーパー入り口近くにソファ数台が置かれている。落ち着けるとは言い難いが特に不足はない。敷地右の緑地と東屋は快適。

トイレ施設

敷地右側の24時間トイレは客数が多いためかやや管理不足の傾向が見られる。障害者兼用を含めウォシュレットの設備なし。

温浴施設

施設なし。周辺にも手軽に利用できる立ち寄り湯は見当たらない。最も近い温泉施設は「道の駅・東和」の14km。

犬の意見

敷地の奥(JR釜石線の鉄橋側)にある緑地で軽い散歩ができる。国道を渡った反対側の店舗奥に静かな脇道も伸びている。

近隣の見所

人気の観光スポットが多い遠野市中心部と、宮沢賢治関連施設の多い花巻の中間に位置するため見所から遠いのが残念。
北上川水系最大の田瀬ダム(wiki)は駅の西約5kmに位置し、紅葉やワカサギ釣り・キャンプなどで知られている。

P泊する時の
総合評価
 ★★★★★★★★★★   EV車充電・可、Wi-Fi接続・可(詳細)、「岩手県で EV充電できる道の駅」を参考に。



     

        左: 国道283号から。
        中: 駅舎(地域唯一のスーパーマーケット)の外観。
        右: 駐車場の風景。


     

        左: スーパーのアプローチ部分。
        中: 駅舎の入り口。
        右: 右側の別棟トイレ。


     

        左: スーパーの店内@
        中: スーパーの店内A
        右: スーパーの店内B


     

        左:道の駅の産直野菜コーナー@
        中:道の駅の産直野菜コーナーA
        右:道の駅の菓子・加工食品コーナー


     

        左: ソファがおかれた休憩コーナー
        中: 軽食カウンター周辺とレストラン「銀河亭」の入り口
        右: 「銀河亭」の内部


     

        左: 9月中旬訪問時の「本日のランチ」。カツカレーにミニ蕎麦・漬物・サラダ・デザートまで付いて630円は間違いなく安い!
        中: 敷地右側の緑地から駅舎を
        右: 東屋のある緑地公園。すぐ横は宮守川


     

        左: 駅の駐車場から「めがね橋」を渡る釜石線の列車を見る
        中: 「めがね橋」の近景。手前には旧い橋脚が見える。
        右: 「めがね橋」を渡る釜石線の列車、近景