秋田県にある 33駅 の中で 13番目 に開業した駅   おがち(こまちの郷)  

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 秋田県の道の駅・フレーム表示 に切り替えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  秋田県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップ頁へ

【 秋田県屈指の人気駅は市目笠風の丸い駅舎が目印。敷地が広がって混雑も緩和された。】

鳥瞰図
小野小町の父親は出羽郡司としてこの地に赴任した小野良実。在地豪族の娘との間に彼女が産まれ、13歳の頃に都に連れ帰って教育したと伝わる。「小野小町の出生地」は何ヶ所もあるから絶対に確かとも言えないが...。
.
15歳前後から優れた才能を発揮し、仁明天皇近くに更衣(後宮の女官。帝の側室のケースもあるらしい)として仕えて正六位まで進み、30歳前後で後宮を退いてから40歳前後で故郷に帰った。90歳を超えた頃に他界した、との伝承が残っている。駅の500mほど北にある「小町塚」が彼女の出生地、とされている。
.
さて道の駅は...設備も管理も行き届いていて快適。駅舎前の駐車場は手狭だが、バイパス沿いに第2駐車場が新設されて余裕ができた。近隣には小野小町の墓所と伝わる石碑など史跡や観光スポットが多いので観光サイトを参考にして散策を楽しみたい。宮城方面へは栗駒峠越えの国道398号より鬼首トンネル経由の国道108号が走りやすく、秋の宮・泥湯・温湯の温泉郷も楽しめる。
.
人気が高くて混雑する駅だが機能は充実しており、それなりに楽しめるのも間違いない。
道の駅から700mほど南にあった食品スーパー・マックスバリュは閉鎖し、ほぼ同じ場所(地図)に食品スーパーの
バザール横堀店(9〜21時)がある(山形県の柿崎さん、情報提供に感謝です!)。

基本データ

湯沢市小野字橋本90 0183-52-5500  休業:年中無休  国道13号沿  日本橋から一般道で 467km

リンク先
近くの駅は

鳥海郷:20km  十文字:20km  うご:21km  さんない:36km  雁の里せんなん:39km  東由利:40km  とざわ(山):53km

駐車場

公称は普通車46台・大型車15台。従来は駅舎の前が常に混雑していたが、国道沿いと側道に面して広いサブPが完成した。
新設部分は大型車10台+普通車約140台、合計すると大型車25台+普通車190台近くが停められる県内屈指のスケール。

騒 音

国道の交通量は多くないため夜間は静かに過ごせる。P泊は右手サブPの奥が良いが大型車が多く、トイレから遠くなる。

物産館

産直野菜は新設した駐車場の角に移転し9〜19時(12〜3月は18時まで)の営業。野菜売場は旧駅舎敷地の左隅にもあり、
  昔から営業しているこちらの方がお薦めできる。以前から休日には混雑する人気のコーナーだ。
  市目笠風丸屋根一階にある物産館の商品は地場産品の加工品を中心にかなり豊富で、見物するだけでも楽しい。

食事処

丸屋根駅舎の二階にある二ッ森は11〜18時半。メニューは多彩で価格もまぁまぁだが、狭くて混雑するため休日の昼前後は
  必ず待たされる。御飯物の種類が多く、前回訪問した際には10食限定の月替りのおすすめ膳・1250円が美味しかった。
  詳細は 画像付きメニュー(pdfファイル)で確認を。

軽 食

特になし。冬以外の休日には店頭に沢山の屋台やテントが設営され、レストランに入れない客でひどく混雑する。

休憩施設

スペースが広くコインシャワーを含め24時間利用できる。営業時間中は係員が常駐して対応しており雰囲気も悪くない。

トイレ施設

施設が広く管理も行き届いて使いやすい。残念ながら障害者用も含めウォシュレットの施設はない。

温浴施設

手近な温泉施設なら国道の約5km西(ルート地図)の院内駅近くに 老人憩いの家・ほっと館、9〜21時・月曜休、サウナあり・
  タオル付きで400円(65歳以上350円)、駐車場あり。

犬の意見

バイパス沿いの駐車場には芝生が広がり、犬の散歩には最適。周辺は水田地帯で散歩コースを選ぶのに不足はない。
国道沿いを駅の右方向に500m弱歩いて平等院鳳凰堂の縮小っぽい実に下品な「小町堂」に失望して戻るのも一興か(笑)。

近隣の見所

小町伝説 を参考にして近隣エリア歩くのも面白い。道の駅にも案内マップが置いてある。
3kmほど西の院内駅前の 院内銀山異人館 は銀山の近代化を進めたドイツ人技師の住居を模した赤レンガ造りの郷土館。
院内銀山 は駅からkmほど西(ルート地図) のR108南西にあり、江戸〜明治期に栄えた。国道108号を走る折に立ち寄ろう。
南東・栗駒国定公園側の 秋の宮温泉郷泥湯温泉郷 を楽しめるし、川原毛地獄 の風景も凄まじい(全体のルート地図)
.
奥州の覇権争いを描いた史書「陸奥話記」に次の記載がある。.
  平安時代中期、東夷(東国の蛮人)の酋長と呼ばれた安倍忠頼を継いだ忠良の子・頼良が陸奥六郡を支配していた。
  権力を強めて衣川の南に支配権を広げ朝廷に税も納めず豪奢な暮らしを続けたため、永承六年(1051)に陸奥守藤原登任
  が秋田城介の平繁成を先陣に数千の兵を率いて討伐に向った。安倍頼良は支配下の俘囚を集めて抵抗し鬼切部の合戦
  で官軍を打ち破って多くの兵を殺した。

.
この鬼切部古戦場が現在の仙秋サンライン(国道108号)の鬼首(おにこうべ)峠を東に下った軍沢(いくさざわ・地図)周辺であり、安倍頼良の息子が安倍貞任。この鬼切部合戦が後に「前九年の役」を引き起こす最初の一歩となる(現地の標識画像)。
更に詳細は「鎌倉時代を歩く 弐」の 陸奥話記から見た前九年の役(サイト内リンク・別窓)を参照されたし。

P泊する時の
総合評価
 ★★★★★★★★☆☆   EV車充電施設・あり、Wi-Fi接続機能・あり、


     

        左: 山形県の新庄方面に向かって南下する国道13号(羽州街道)。山形との県境・雄勝トンネルまで10km、通過する車両は少な目だ。
        中: 平安時代の女性の笠を模した建物が独特の姿を見せる。拙宅も愛用している地元産の米「秋田小町」の袋に印刷されたお馴染みのデザイン。
        右: 区分された大型車用駐車場から駅舎を撮影。小野小町はこの地で生まれて都に登り、再び故郷に戻って晩年を過ごした、と伝わる。


     

        左: 駅舎前の駐車場は手狭だが近くて便利に使えるため常に混雑する。特に休日の昼前後にはいつも満車状態が続く。サブを利用しよう。
        中: 駐車場は小さな樹木と芝生で区分されており、暑い季節にはささやかな日陰もありがたい。大きく成長して葉を茂らせる頃が楽しみ。
        右: 駅舎に向かって右側の国道に沿って駐車場が広げられ、混雑がかなり緩和された。トイレは遠いがP泊にはこちらが適している。


     

        左&中: 駅舎の前は広いスペースを確保しているのだが休日は売店に占領される。休憩コーナーがあるのは嬉しいけれど。
        右: メイン駅舎の周囲には食べ物の屋台が並ぶ。昼食時には食事処が収容し切れなかった客が順番を待って列を作る。


     

        左:メ イン棟一階にあった農産品のコーナーは隣地に新設した駐車場の一角に産直野菜コーナーとしてオープン、広くなった。
        中: 駅舎の一階は物産コーナー、階段を登った二階が食事処。商品が豊富に並び、さすがに休日には買い物客の数も多い。
        右: 二階に上る階段から混雑する物産コーナーを撮影。商品は地元の産物をメインに取り扱っており、旅人には魅力的だ。


     

        左: 食事処のメニューは豊富で地域色も豊かだが、価格はまぁまぁで座席数は少ない。休日の順番待ちは覚悟しよう。
        中&右: 窓際の狭い畳席と椅子席がある。予定が決まっている場合は オリジナルサイトの予約フォーム を使うのも一案だ。


     

        左: 休憩室&情報関連のコーナーは広くて快適だ。24時間オープンで係員も常駐、無線LANも使えるから言う事なしだ。
        中: テーブルや椅子が自販機の前まで置かれ、配置も機能的。畳のコーナーや24時間使える100円のコインシャワーもある。
        右: 駅の左端の別棟にも農産品の販売所があり、メイン駅舎よりも商品量は豊富だ。買うのならこちらの方がお薦め。


     

        左&中: この直売所を含めて産直野菜と果物売り場は隣地に移転した。かなり広くなったから中身も充実した、と思う。
        右: 近在には小町の墓(伝承)や 小町伝説 も点在。彼女は出羽郡司小野良真の娘で、大同四年(809)〜 延喜元年(901)を生きた秋田美人。


     

        左: もう死んでしまった我が家の♂犬は小町の墓の横を流れる小川でのんびりと水浴び(潜水が好きだった)を楽しんだ。実に暑い一日だった。
        中&右: 駐車場から徒歩300m、ローソンの裏手にある派手な色彩の小町堂(芍薬塚)、旧雄勝町が建てた意味不明の建造物。