長野県にある51駅の中で 20番目に開業した駅   さかきた

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 長野県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  長野県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 JR篠ノ井線沿いの、野菜直売所がメインの休憩スポット。西側の山裾には高速長野道が走る。 】

鳥瞰図
道の駅は交通量の少ない国道403号沿いに位置する小さな駅。国道の横にはJR篠ノ井線が走っており坂北駅(店は少ない)まで約500m、地域の中心・村役場は線路を渡って200mの高台にある。西側の谷を流れる東条川の向うに高速長野道が走っており、周辺は静かな山村の雰囲気だ。駐車場は広くはないが利用する車も少ないため余裕がある。暖かい季節には小さな東屋で食事程度も可能だが...駅の機能は全般に不足気味。
.
地図上では国道403号の麻績(おみ)〜聖高原〜長野道の間はヘアピンカーブの連続に見えるが実際にはほんの一部を除いて2車線が確保されており、比較的走りやすい。むしろ坂北から西へ分岐して国道19号に合流する県道55号が相当な悪路で、10年4月末には鳥立温泉の先から2トン車以上は通行止め、重量約4トンのキャンピングカーは明科までUターンを余儀なくされてしまった。この周辺は比較的整備の進んだ南北ルートに較べて東西を結ぶルートに悪路が多いから注意が必要だ。
.
駐車場の隅にある駅舎は単なる24時間トイレで、実際の駅の機能は国道に沿った敷地右側の平屋。ここに狭い物産館と:軽食堂が営業している。営業時間が短いし取り扱い商品も貧弱なので特に面白味はない。

基本データ

東筑摩郡筑北村坂北4340  0263-66-3080  休業:木曜と年末年始  国道403号沿  日本橋から一般道で 228km

基本データ
リンク先
駐車

公称は大型車4台+普通車22台、広くはないが交通量に見合うスペースは確保されており、混雑の心配は不要。

騒 音

夜間は静かな地域だが大型トラックの停泊もあるらしい。駐車場が狭いため数台停まってアイドリングされたら厳しいな。

物 販

敷地の右側に地場野菜をメインに扱う「坂北やさいBOX」がある。9時半〜18時(12〜3月は短縮あり)、商品量は少ない。
地図ではジャスコが隣にあるが既に撤退、その後の食品スーパーも閉店した。西条温泉そばにAコープとコンビニがある。

食事処

10〜15時、敷地の右側にある「もえぎ亭」テーブル数基とカウンターは手打ちうどん(悪くない)とおやきをメインに扱っている。
メニュー例:山菜うどん680円・もえぎうどん+もえぎ豆腐+天ぷらセット1000円・赤飯+天ぷら+うどんセット1050円、他。

軽 食

食事処が軽食を兼ねる。表示の時間外でも飲み物程度ならOK。

休憩施設

駅舎の中には休憩コーナーなし。案内などの機能もないと考えるほうが良い。展望の良い駐車場に東屋が設けられている。

トイレ施設

トイレは新しくて管理も行き届いているが暖房便座のみで、障害者兼用を含めてウォシュレットの設備なし。

温浴施設

駅の敷地とその周囲には入浴できる施設は見当たらない。
国道403号の2km弱南に村営の西条温泉とくら、10〜22時・無休、広い内湯とサウナあり・410円。

犬の意見

トイレ棟と売店の間から裏手、東条川そばの静かな脇道に降りられる。踏切を渡って村役場の近くまで歩くのも悪くない。

近隣の見所

松本と長野を結ぶ古道・善光寺街道の青柳宿まで約1km、古い宿場の雰囲気が残されている。この地区の里坊稲荷神社
  例大祭では7年間隔で「狐の嫁入り行列」が行われており、次回は2012年3月下旬の予定。スケジュールが合えば面白い。
  同様のイベントは新潟の阿賀町にもあったなぁ...津川地区の「狐の嫁入り行列」。伊豆の函南には「猫祭り」もあったっけ。

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★   千曲市と大町市の間はP泊に向かない野菜の直売所レベルの駅が多い。ここもその一つ。


     

        左:淡々と北上する国道403号。長野道が並行しているため交通量は少ないが大型車は比較的多い。正面は聖高原のある聖山。
        中:駐車場に面して建っているのはトイレ棟のみで、売店と食堂は右側の道路沿いの別棟となる。停まるのはトイレ休憩の車が多い。
        右:すぐ前のJR篠ノ井線を走るディーゼル列車。踏切を渡って200mほど歩くと役場や歴史民俗資料館のある筑北村の中心部だ。


     

        左:一段低くなった東条川の対岸が高速長野道。筑北PAは近いがスマートICはなく、最も近い麻績(おみ)ICは国道の約5km先だ。
        中:もちろん屋内に食事処はあるが、唯一の休憩施設はこの東屋とベンチのみ。暖かな季節は問題ないが冬はとても使えないな。
        右:駐車場に面したトイレ棟。県内では比較的新しい2000年夏の開業、せめて障害者兼用にウォシュレットは設置して欲しかった。


     

        左:トイレ棟と売店兼食堂の間から畑の中へと細道が続く。犬を軽く散歩させるならこのルートを利用するのが最も手軽だ。
        中&右:国道に面して手前が食堂の「もえぎ亭」、右側に産直野菜メインの売店「坂北やさいBOX」が同じ棟の中に並んでいる。


     

        左&中:売店の商品は種類も量もかなり少なくて魅力に欠ける。少なくとも「坂北やさいBOX」と名乗れる程のレベルではない。
        右:食堂は蕎麦がメインではなく、手打ちうどんと信濃名物の「おやき」がメイン。いづれも手作りの味を大事にしており、味わいあり。