茨城県14駅 の中で 3番目に開業した駅 さとみ

左側に目次の表示がない場合は こちら から 「茨城県のフレーム表示」に切り替えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  茨城県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 峠の茶屋っぽい地味な駅、狭いけれど心が安らぐような暖かさがある。こういう駅、好きだね。】

地図
太平洋側の高萩市と那須方面を東西に結ぶ国道461号と、水戸と南福島を南北に結ぶ国道349号。2本の幹線道路が駅の1km北で交差する交通の要所近くにある道の駅。6号国道で土浦方面感北上した場合、予定が決まっていなければ海沿いのルートを選ぶか福島中通りに向かうか、迷うところだ。
.
福島との県境・明神峠(峠と表現するほどの高低差はない)までは僅かに11km、国道349号は県境から更に30kmの棚倉町で分岐し、北へ向かう国道118号は水郡線に沿って進み須賀川で国道4号に合流する。
.
西に向かう国道289号は20kmで古道・東山道を経て白河市に入る。「さとみ」から海に面した高萩方向に向っても良し、どのルートを選んでも軽い起伏の快適なドライブコースとなる。特に暖かなシーズンには福島方面に向うバイクのグループも休憩スポットとして利用している。
.
施設全体はやや古くて狭いが、駅に求められる本来の機能は充実している。屋内の休憩スペースも十分に確保され、食事処は味もメニューの種類も雰囲気も悪くない。このエリアの道の駅に多い「売り上げ重視傾向」も特に露骨じゃないし...一つだけ残念なのが駐車場の狭さで、もう少し余裕があったら落ち着いてP泊できるし、家族連れにも自信を持って薦められるのだが。
   駅舎右手の売店で扱っているソフトクリームは、結構美味しい (と、妻と愛犬が申しておりました)。

基本データ

常陸太田市小菅694 0294-82-2100  休業:年中無休  国道349号沿  日本橋から一般道で 151km

リンク先
近くの駅は

奥久慈だいご: 22km  ひたちおおた: 24km  はなわ(福): 30km  日立おさかなセンター: 32km  かつら: 37km  みわ: 40km

駐車場

公称は大型車7台(これ無理だよ)・普通車17台、国道に沿って細長く使いにくい。バイクも多く、休日の満車は珍しくない。

騒 音

交通量は少ないが自販機やトイレの利用者は結構多い。強いて言えば駅舎から離れた出口近くがP泊向きだが、傾斜あり。

物 販

9〜17時、狭いため品数も限られているが蕎麦やうどんなどの麺類や手作りの漬け物など、オリジナル商品は魅力がある。
P泊する場合は下り坂の300mほど先(北西)に小さなスーパー(食品店だね)がある。近隣には他に店舗なし。

食事処

11時〜15時(軽食は9時〜)、広くはないが雰囲気は落ち着いている。麺類が主体で価格は普通。
メニュー例:月見(うどんorそば)550円・天ぷら750円・ざる600円・天ざる1100円・焼肉定食700円・天ぷら定食1000円・他

軽 食

屋外の緑地に面してソフトクリームなどを売っている。営業は9時〜15時。

休憩施設

駅舎の規模の割には広くて快適、ベンチなどの配置も問題なく、インフォメーション施設も良く整っている。

トイレ施設

施設は古いが管理は行き届いている。障害者用も含めてウォシュレット施設なし。

トイレ施設

駅の敷地とその周囲には入浴できる施設は見当たらない。
5km北の里美温泉ぬく森の湯は10〜21時(10〜3月は20時)・第2と第4木曜休み、平日720円・休日1030円・16時〜510円。
  休憩室・食堂あり。設備も整っており快適だが、近隣には他に温泉がないため結構混雑するのが難点。

犬の意見

敷地に少々の緑地あり。駐車場の少し先から左の細道へ入ればゆっくりと散歩が可能。

トイレ施設

16km北の里美カントリー牧場にあるプラトーさとみは天文台やバーベキュー・キャビンなどのある総合レジャー施設。
8km西の県道33号近くの龍神ダム湖に架る龍神大吊橋は高さ100m・高さ275m、かなり怖い。8時半〜17時・310円。
  無料駐車場や土産物店・食堂などの観光施設も完備している。

P泊する時の
総合評価
 評価は ★★★★★   雰囲気の良い駅なので私は好きだけど、駐車場の狭さはネック。


     

        左: 常陸太田市街地から北へ約20km、あと8kmで福島県。国道が交差する折橋の信号に向ってゆるやかに下る坂道に位置する。
        中: 交通量はそれほど多くはなく休日以外は比較的静かだが...駐車場がいかにも狭く、大型車が数台入ったら動きが取れない。
        右: 駅舎の前から撮影。駐車場は細長くて大型車はギリギリ、駅舎の近くから入って下り方向へ抜けるレイアウトで、Uターンは不可。


     

        左: 駐車場の反対側から駅舎の方向を撮影。このルートは道路も整備され適度な坂道もあるのでバイクのツーリングも多い。
        中: 道路の向い側から。国道は片側一車線でそれほど広くなく全線追い越し禁止だが、両側に歩道が設けられている。
        右: 周辺は山村と農村が入り混じった田園地帯。駅舎裏の谷を流れる黒川は下流で久慈川となり、太平洋の日立港へ。


     

        左: 駅舎の正面には2ヶ所の入口があり左側がトイレ。さすがに設備は古くなっているが管理は行き届いており、清潔だ。
        中&右: 自販機右側の入口は広い休憩&インフォメーション施設に続く。駅舎規模の割にゆったり作られ、設備も充実している。


     

        左: 物販コーナーは狭くて商品の種類も多くはないが殆ど全てを地場産品で構成しており、この方向性には好感が持てる。
        中: 食事処は明るくて雰囲気も良いがメニューは少ない。麺類がメインで、一押しは地域特産・名物のうどんらしい。
        右: 軽食コーナーでは10kmほど北にある里美カントリー牧場の牛乳を加工したソフトクリームが人気。お握りなども扱っている。