長野県にある51駅の中で 30番目に開業した駅  信濃路 下條  

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 長野県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  長野県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 愛称は「そばの城」、ドライブインっぽいが施設は充実している。村営の立ち寄り温泉も近い。 】

鳥瞰図
坂の上に聳える白壁の天守閣風駅舎が特徴。駐車場には余裕があり、駐車場の隅(左側でも右側でも特に問題なし)ならP泊は充分に可能。蕎麦もまぁまぁ旨いしすぐ近くの「コスモスの湯」も快適、ちょっと見ると落ち着けない感じがするが、意外にP泊の穴場なのかも知れない。
.
タレント・峰竜太の生まれ故郷だそうで、「竜太やきもち」など下らない品(笑)も売っているが、「二流のタレント誕生の地」だけがセールスポイントと言うわけではなく、何と言ってもメインは地粉の蕎麦。
.
本音を言うと、個人的には薄皮のまま挽いた田舎蕎麦の強めの風味が好きなのだけど、ここは更科がメインと言うか、それだけらしい。840円/1人(予約制)で蕎麦打ち体験のできる施設もある。
.
ただし食事処のざる蕎麦は...もちろん団体さんに対応できるのだから手打ちではないのは当然だけれど、特に期待外れと文句を言うほどではないが特に薦めるほどでもない、普通だと評価するしかない。
.
土産物売場は広くて平凡な大型ドライブインに見られがちで、実際にそんな雰囲気に満ちているのだが、地場産品も結構充実しているし機能的にも特に不満はない。P泊するかどうかは兎も角として、少し時間を費やしてのんびりと見物するのをお薦めしたい。

基本データ

下伊那郡下條村睦沢2514  0260-27-1151  休業:12/31〜1/1  国道151号沿  日本橋から一般道で 293km

リンク先
近くの駅は
駐車場

公称は大型車8台+普通車31台、それほど広い駐車場ではないが混雑しているのを見たことがない。特に問題なし、か?

騒 音

建物寄りの駐車場は国道から離れているため閉店後は静か。左の「遊牧館」か右の「蕎麦道場」寄りがP泊に向いている。

物 販

9時〜18時(冬は17時まで)、物産コーナーは広くて商品も豊富。特産の蕎麦は品揃えが豊富で価格も安め、土産物向き。
別棟の「遊牧館」は地元の新鮮な酪農品を豊富に扱っており、ソフトクリーム・チーズ・ケーキなどの乳製品がお薦め。
今回(9月初旬)の野菜直売所は果物(りんご・梨・など)が特に安くて豊富だったので近所の土産用に大量に買い込んだ。
06年の秋に訪問した時は野菜類の品質も悪く値段も高かったのだが...供給する農家でも変更したのかな、と思う。

食事処

2階の広い食堂は10時〜16時(休日は延長も)、団体向けに設けられた施設だが個人客もOK。
メインはもちろん蕎麦、ざる700円・とろろorおろし800円・食べ放題1400円は最初が2枚でおかわり自由、計5枚食べると売店で
生蕎麦2人前が貰えるらしい(今も継続してるかどうか、未確認)。4枚までは何とか入ったが、それ以上は無理だった。
その他メニュー:田舎うどん700円・ラーメンと五平持ちセット750円・カレー700円・カツカレー900円・天ぷらそば1000円 他。

軽 食

1F軽食は9時〜18時(冬は〜17時)、ラーメン・焼そば・五平餅など。ラーメン+五平餅750円、焼そば+コーヒー800円、他

休憩施設

回廊の左隅・トイレの前に14帖の畳コーナーあり。やや使いにくいためか利用者は少ないようだが、仮眠程度ならできそうだ。

トイレ施設

店内にもあるが、通常は回廊の突き当たり。施設は普通だが管理は不足気味。障害者用も含めウォシュレット設備なし。

温浴施設

駅の敷地とその周囲には入浴できる施設は見当たらない。
1km裏手の高台に村営の コスモスの湯、10〜21時・第1月曜休み、絶景の露天・食堂・休憩所付き、400円。お薦めできる。
10km南の国道151号沿いには県下最大級の ゆうゆ〜らんど阿南・かじかの湯、10〜21時・水曜休、露天・サウナ・休憩所・
  食堂や宿泊施設などを備えたレジャーランド、500円。何しろ広くて施設も整っているから家族連れには向いてる、かも。

犬の意見

敷地内でも多少の散歩はできるが、ゆっくり歩かせたければ「コスモスの湯」方向へ約500mに「リフレッシュ・パーク」がある。
広大な緑地公園でジャンボ滑り台などもあるから家族連れでも楽しく過ごせる。そのまま温泉に向かっても良い。

近隣の見所

信濃善光寺の開基・本多善光の故郷 元善光寺 へ16km、静養向きの静かな 昼神温泉郷(立ち寄り湯あり)へ15km。

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★★   この駅も悪くないけど、次回は中央高速を使って昼神温泉経由で行く予定。


     

        左: あと6km南下すると愛知と長野の県境、登り坂の頂上付近の左手に見える白い壁が駅舎。「そばの城」のタワーが良く目立つ。
        中: カーブの頂点付近で坂道のため特に右折で出る場合には左からの車に要注意だ。交通量は多くないが、結構飛ばすルートだ。
        右: 駐車場は回廊を挟んで国道側と駅舎側に分かれており、どちらにも駐車できる。門を入って右側の方が比較的停めやすい。


     

        左&中: センスは兎も角として建物は良く目立つ。左奥に遊牧館、城の1階が物販で二階が食堂、右手が野菜直売、右隅がそば道場。
        右: そば道場では手打ち体験(有料)も楽しめる。予約制だが休日に団体さんが利用する程度で、平日の稼動は殆どゼロらしい。


     

        左: 敷地のほとんど端から端まで続く屋根付き回廊は雨の日にはありがたい。巾も広いためどの位置に駐車しても気軽に移動できる。
        中: 回廊の突き当りにあるトイレの入口。設備は悪くないが管理は行き届いていなかった。駅舎から離れている場合はこのタイプが多い。
        右: トイレ前の通路を挟んで畳敷きの休憩所が設けられている。もっと駅舎に近ければ利用者も気軽に入れるのだろうが...。


     

        左: 実物大の牛の像がある左隅の「遊牧館」は地元の酪農商品をメインに扱っている。ソフトクリーム・ヨーグルトが一番人気らしい。
        中&右: 店内からはガラス張りの乳製品加工施設も観察できる。100%地元飼育のブラウンスイス牛の乳を原料にしているそうだ。


     

        左: こちらはメイン駅舎右側の野菜直売所。以前は腹が立つほど低レベルだったのに、今回は「良い・安い・豊富」の三拍子だった。
        中: 果物類、特にりんごと梨は充分に満足させられた。特に大振りではないがリンゴは5〜6個で300円ほど、梨は同じ位で200円。
        右: 店内では加工品類や小物雑貨も扱っている。こちらは特に見るべきほどではなく、メイン駅舎の方が種類も豊富で魅力がある。


     

        左&中: 物販コーナーは広くて種類も多く地元の加工食品の比率も高い。雰囲気が平凡なドライブイン的なのが少しだけ残念。
        左: さすがに蕎麦の種類は多かった。記憶が曖昧だが蕎麦の花の見頃は6月と9月、特に南アルプスを背景にした花畑は絶景だとか。


     

        左: 1階左隅の軽食コーナー。やや落ち着けない雰囲気だが、ラーメンや焼そば、五平餅とラーメンのセットなど簡単な食事もできる。
        中: 2階は200人収容の大きなレストラン。休日の昼前後に観光バスが寄った時以外は空いている。何はともあれ、蕎麦を食べよう。
        右: 蕎麦の食べ放題は1400円。通常の盛り蕎麦が700円だから2枚で元が取れる。3枚までは問題なしだが、4枚目は辛かった。
蕎麦は手打ちではなく一般的なもので、通常700円は少し高いる。不味くはないが、味にこだわるのなら敬遠するほうが良い。