長野県にある51駅の中で 3番目に開業した駅   信越さかえ

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 長野県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  長野県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 千曲川に沿った信州最北端の駅、300m先は新潟県となる。少し狭いが一休みにはピッタリ。 】

鳥瞰図
新潟十日町と信州飯山の中間、国境の駅。駐車場はやや狭く土日は辛い。食事処の他に軽食やスナックのコーナー、休日には屋台も出るため峠の茶屋としての利用価値は高い。すぐ裏の谷を流れる千曲川は300m東の長野・新潟県境で名前を信濃川に変えて日本海へと流れ下る。
.
周辺は自然が豊かで、この地域でも有数の豪雪地帯。村営のスキー場も近く、温泉も含めて冬のレジャーには格好の地域だ。この地域は何度も激しい地震で被害を受けているが、現在はもう爪跡は残っていない。
.
厳冬期を除く日曜日には駐車場の一角に野菜の市が立ち、賑わうと同時に駐車場はひどく混む。屋内の休憩施設が狭いのが残念だが、暖かい季節なら屋外に数ヶ所設けられた休憩場所が利用できる。ちょっと一休みして山里の産物を見て回る、そんな峠の茶屋っぽい利用の仕方がベストだと思う。
.
夜間の交通量は特に多くはないからトイレの近くから離れれば静かなP泊も可能だが、すぐに眠りたいほど緊急でなければ先へ進もう。26km南には食品スーパーが隣接した静かな「花の駅千曲川」があるし、更に25km北には温泉を併設した「クロス10十日町」がある(←ここは駐車場が広がって結構快適になった)。

基本データ

下水内郡栄村大字北信3746-1 0269-87-3180  休業:火曜日  国道117号沿  日本橋から一般道で 241km

リンク先
近くの駅は
駐車場

公称は大型車6台+普通車23台、狭いため休日にはかなり混雑する。向い側の脇道にも数台程度は停められるが...

騒 音

夜間の交通量は少ないが国道沿いの部分が多いため落ち着かない。P泊には十日町か千曲川へ移動する方が快適だ。

物 販

10〜19時(12〜2月は9〜18時)、農産物が豊富で安い。

食事処

11時半〜17時半・売り物は地粉で打った蕎麦など麺類がメインで御飯類が少々。店内の雰囲気は悪くない。

軽 食

店頭と右側の露天(別経営?)でおやきなどを売っている。観光客には結構人気が高く、行列ができている事もある。

休憩施設

屋内の休憩施設なし。駅舎とトイレの間に千曲川を見下ろす屋外の休憩スペースがあるが、使えるのは暖かい季節のみ。

トイレ施設

駅舎の左に別棟のトイレ。施設は普通だが管理は行き届いていない。障害者用を含めウォシュレット設備なし。

温浴施設

駅の敷地とその周囲には入浴できる施設は見当たらない。近隣に数軒の立ち寄り温泉はあるが、このレベルの施設で500円は高すぎる。30km北の十日町付近の千年の湯、松代の雲海、木島平の馬曲温泉望郷の湯、積雪期以外なら野沢温泉外湯などの500〜600円は納得できるが、設備や泉質がB・C級の温泉まで便乗して500円に値上げする風潮は実に不愉快だ。
.
7km南に北野天満温泉、10時半〜20時・毎15日休み(休日の場合翌日)、サウナ・露天付き、地図はこちら、新潟県側から
  細道を南下するため判りにくいが施設も泉質も悪くない。村営の宿泊施設を兼ねている。
約2km西の村営スキー場近くにさかえ倶楽部トマトの国、10時半〜20時・第3水曜休み、内風呂のみ、地図はこちら
  北野天満温泉より近くて道路も良いが施設も古く、味わいは薄い。こちらも村営の宿泊施設を兼ねている。  

犬の意見

国道向い側の脇道に入れば散歩は可能だが、あまり楽しいルートではない。軽いトイレタイム程度に考えよう。

近隣の見所

キャンプ場や登山ルートなどが数ヶ所あるが、特に魅力のある観光スポットは見当たらない。

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★   交通量は多くないが前面道路が坂なので大型車の音がやや高く、P泊には向かない。


     

        左: 駅前を通る117号は三桁国道だが上信越道と関越道を結ぶ主要路線、交通量は多く、休日の駐車場はかなり手狭で混雑する。
        中: 隣の「クロス10十日町」と「花の駅千曲川」のちょうど中間に位置するためトイレ休憩の観光バスが並んで満車状態になるのも珍しくない。
        右: 駅舎の「またたび館」は左に物産館・右側に食事処が続いている。むかし弘法大師が旅に疲れて休んだ時に木の実を食べて元気を回復し
「また旅を続けられます」と言ったから「またたび館」、利用者が楽しい旅を続けられるように願いを込めて命名した、という。
右側の隣地に沿って数軒の軽食コーナーがある。


     

        左: 24時間トイレは敷地の右側別棟にある。駅の規模の割には広いが、残念ながら管理状態は良いとは言えないレベル。
        中: すぐ裏には千曲川(約500m下流で新潟県に入ると信濃川)。屋外の休憩所はトイレの隣など数ヶ所あるが、屋内にも欲しい。
        右: 物産コーナーは結構充実しており、山里の産品が人気を集めているらしい。野菜類は少ないが山菜やキノコ類はかなり豊富だ。


     

        左: 物産コーナーの奥には畳の休憩所(狭い)があるが、ほとんど利用されていない。いずれ撤去して売り場に変わりそうな雰囲気がある。
        中: 食事処の外見は品の良い和風でメニューと味は定食屋の風情。余程の空腹でなければ御飯ものはやめて蕎麦を注文する方が良い。
        右: 2008年4月中旬、上越市の道の駅「雪のふるさとやすづか」から国道405号で津南〜栄村(117号)に抜けようとして残雪に阻まれた。
まさかこの時期に国道が通行止めとは! 早春に信越国境内陸部の3桁国道を走るのは常識外だったか。