奈良県にある13駅の中で 3番目に開業した駅   杉の湯 川上  

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 奈良県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  奈良県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 村営ホテルと村役場に挟まれた道の駅。駅舎も駐車場も狭いし、道の駅としては何とも面白みに欠ける。】

鳥瞰図
最も近い道の駅からも30km以上離れているから、特に南下して熊野や尾鷲や十津川村に向かう場合は休憩地点としての利用価値は高い。ただし駐車場が狭い(隣接する村役場の駐車場も利用できるが)うえに、中身も今ひとつ魅力がない。食事処はちょっと敬遠したい雰囲気だし、物産コーナーで扱っている品物もはっきり言って陳腐。
.
林業がメインの地域だから地場産品の種類も少ないのだろうが、それにしても見るべきものが少な過ぎる。駅のチェックは早めに済ませてホテルのロビーでのんびりさせて頂く方が正解だろう。
.
宿泊プランを見た限りでは地域の割には料金が高すぎると思うけれど、ロビーの雰囲気は悪くない。短時間過ごした限りでは、嫌な顔はされなかった。これは私の人柄の効果、かも知れない(笑)。
.
ただし夜間は静まり返ると思われる地域なのでP泊には問題なさそうだ。もう少し落ち着ける駐車場があって温泉の利用時間に余裕があればP泊も悪くないのだが(以前は17時までだったが、最近は19時まで延びたのは嬉しい)。
.
やはり残り32kmを頑張って「吉野路上北山」まで走るのが正解だろう。この間の道路は良く整備されて走りやすいし、幾分P泊向きだ。川の対岸に快適な立ち寄り温泉もある。

基本データ

吉野郡川上村迫695  0746-52-0006  休業:年中無休  国道169号沿  日本橋から一般道で 540km

リンク先

近くの駅は

駐車場

公称は大型車4台+普通車50台(ホテルのPを含め)、駅前に10台程度・6mクラス以上は筋向いへ。G.Wなどは渋滞する。

騒 音

さすがに奈良県もここまで南下すると夜間に走る酔狂な車は少ないと思う。駐車場は道路沿いだが騒音の心配はなさそう。

物産館

土産物の「山幸彦」は9時〜18時(12月〜3月は17時まで)、柿の葉寿司や川魚が豊富だけど特に珍しい品は見当たらない。

食事処

ホテルのレストランは11時半〜16時(オーダーは15時まで)、村営とは言え「ホテル」の割にはリーズナブルでお薦めできる。
メニュー詳細はオリジナルサイトで。道の駅の隅にも食堂はあるが、簡単な軽食程度に考える方が良い。

軽 食

駅での提供は麺類程度まで(食べるのは温室みたいな別棟)。平日は9時〜19時・休日は20時まで、12〜3月は閉店が早い。
メニュー例:麺類はかけ350円〜肉うどん600円・柿の葉すし3ヶ350円・ライス100円・ソフト300円・他

休憩施設

特になし。落ち着きたければホテルのロビーでコーヒーでも。部屋貸切り3時間+昼食+入浴=4200円のプランもある。

トイレ施設

駅舎の右隅にあり、お世辞にも清潔とは言えないレベル。もちろんウォシュレットの設備を備えていない。ホテル側は未確認。

入浴施設

公営ホテル杉の湯の立ち寄り入浴は11〜15時(受付14時)・水曜休、露天・サウナ付き700円、この制限時間ではペケ。
  →その後に入浴時間が変更され、19時までOKになった。これは嬉しいね、と言うか当たり前だと思う。

犬の意見

役場の先とホテルの裏に吉野川近くまで続く石段と遊歩道がある。谷が深いため川までは降りられないが散歩程度は可能。

近隣の見所

周辺は自然が豊かだけど余り変わり映えしないし..さてどこを見て歩けば楽しいか。ここは 観光案内地図 で確認してみよう。
興味があれば陶芸や木工の 匠の聚や オーダー家具の 吉野杉工房の見学が楽しめるかも。どちらも大滝ダムの近くにある。

P泊する時の
総合評価
  ★★★★   ちょっとした休憩程度に利用するなら問題なし。次の駅が遠いから、その意味では貴重だ。


     

        左:すぐ近くに村役場・商工会館・駐在所などがある川上村の中心地、右側の村営ホテルは26室・最大で100人以上を収容できる。
        中:赤い屋根が良く目立つ駅舎だが駐車場は狭い。公称の収容台数は筋向いのサブ(大型用?)やホテル裏側を合算した数字だ。
        右:国道169号は更に南へ、吉野川に沿って遡る。「吉野路上北山」までの32kmは紀伊山地を縫って狭いが整備された道が続く。


     

        左:駅舎の国道側には麺類程度まで提供する厨房カウンターがある。実際に食べるのは左に建てられた温室みたいな別棟コーナー。
        中:実際に家族連れが利用していたけれど...急ぐ旅でなければホテルの食事処を利用する方がベター、価格帯も比較的安い。
        右:物販コーナーの入り口は右に自販機・左に食券発行機。周辺には登山ルートもあり、食堂が登山届出書の受付も兼ねている。


     

        左:駅舎右隅の24時間トイレは設備も管理も悪い。障害者用の設備もなく、ホテルのトイレへ移動しなければならないのも不親切だ。
        中:裏手は吉野川の深い谷で、対岸にも道路が通っている。約3km下流には大滝ダムがあるが、駅近くの水量はごく少ない。
        右:売店は良く整理されているが、ホテルの土産物売り場っぽくて魅力に乏しい。周辺には店舗の類は見当たらない。


     

        上:土産用に包装された品ばかりで味気ない。特産は 柿の葉寿司・かきもち・よもぎ餅・鮎などの川魚・蒟蒻・そうめん など。