作法通り 外宮から内宮の順に、伊勢神宮参拝   2007年 5月

「索引ページ」 へ   「三重県の道の駅」 へ     当サイトのトップページは 「こちら」 から

例えば地図で「伊勢神宮」を検索すると必ず「内宮」を表示する。上位・下位の区分ではなく、外宮の祭神は豊受大御神で内宮の祭神は天照大御神の違いで、外宮から内宮の順に参詣するのも単に古来からの習慣らしい。どちらも広い無料駐車場があり、余程の繁忙期でない限り車での参詣にも余裕がある。
.
まぁ実際に行ってみると外宮の参詣ルート周辺には食事処や土産店が見当たらない街並み、それに比べて内宮の方は正面鳥居前に点在する参詣者用駐車場のすぐ近くに「おかげ横丁」なる観光客用商店街(かの名高い「赤福」の 本場)が五十鈴川に沿って伸びている。
.
午前中の早いうちに外宮への参詣を済ませて内宮へ移動し、参詣の前後には「おかげ横丁」で昼食と買物・・・そんな順路がモア・ベター(古い!)であろう。実際には「おかげ横丁」にもさして目新しい物はないのだが、透き通った五十鈴川でタップリと泳ぎ回った我が家の犬にとっては楽しい場所であった。
.
神宮の主要な建物は20年に一度そっくり建て直す「遷宮」の儀式が外宮・内宮ともに行われる。この風習は持統天皇の御世(西暦690年)以来綿々と続けられ既に61回を数えるという。次回は2033年かな、古い建物は解体され各地の 末社に払い下げられる、らしい。
.
神域であるためペットは残念ながら入場禁止であり、特に内宮の奥にはかなり深い伊勢の森が広がっていた。参道の傍らで御神楽(本格的な雅楽と共に奉納される)のイベントに巡り会えたのはラッキー、であった。   外宮周辺の地図は こちら 、 内宮周辺の地図は こちら 、 更に詳細の情報は 伊勢神宮の公式サイト へ。

〜画像をクリック→拡大表示〜

   

内宮・外宮・二見浦            内宮の航空写真           遷宮を行なう二つの敷地


     

伊勢神宮 外宮−01         伊勢神宮 外宮−02          伊勢神宮 外宮−03         伊勢神宮 外宮−04


     

伊勢神宮 外宮−05         伊勢神宮 外宮−06          伊勢神宮 外宮−07         伊勢神宮 外宮−08


     

伊勢神宮 外宮−09         伊勢神宮 外宮−10          伊勢神宮 内宮−01         伊勢神宮 内宮−02


     

伊勢神宮 内宮−03         伊勢神宮 内宮−04          伊勢神宮 内宮−05         伊勢神宮 内宮−06


     

伊勢神宮 内宮−07         伊勢神宮 内宮−08          伊勢神宮 内宮−09         伊勢神宮 内宮−10


     

伊勢神宮 内宮−11         伊勢神宮 内宮−12          伊勢神宮 内宮−13         伊勢神宮 内宮−14