群馬県吉井町 三古碑の一つ、多胡碑 

2010年 4月初旬     写真をクリック → 拡大表示

          「観光スポット訪問記」のトップへ        当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ


原文
   弁官符上野國片岡郡緑野郡甘
   良郡并三郡内三百戸郡成給羊
   成多胡郡和銅四年三月九日甲寅
   宣左中弁正五位下多治比真人
   太政官二品穂積親王左太臣正二
   位石上尊右太臣正二位藤原尊

意訳
   弁官局からの命令があった。    上野国の片岡郡・緑野郡・甘良郡の三郡から三百戸を分けて新しい郡とし羊に与えた。郡の名は多胡。
   これは和銅四年三月九日甲寅の日の宣である。
   担当官は弁官局の左中弁で正五位下の多治比真人。
   太政官は二品の穂積親王、左太臣は正二位の石上麻呂、右太臣は正二位の藤原不比等。

     片岡郡・・・今の高崎市、榛名町、安中市に及ぶ地。
     緑野郡・・・今の藤岡市、鬼石町、新町に及ぶ地。
     甘良郡・・・今の富岡市、甘楽町、吉井町に及ぶ地。
     戸・・・郷戸といい、当時は大家族で生活しており、1戸は20〜30人くらい。
     多胡・・・多くの胡人を意味し、朝鮮半島からの渡来人を指すと考えられる。
     羊・・・渡来系の人物と推定されるが特定されていない。
     弁官符・・・朝廷からの文書を扱う弁官局の通達。
     多治比真人・・・飛鳥〜奈良時代の官吏。武蔵七党の一つ・丹党の祖、らしい。
     和銅四年・・・西暦711年・元明天皇五年。武蔵国秩父郡(秩父市黒谷)から自然銅が献上された。和同開珎の詳細は 参考サイト で。


     

       左:
 
       中:
 
       右:
 


     

       左:
 
       中:
 
       右:
 


この頁は2019年 8月7日に更新しました。