走快:猿鬼歩こう走ろう健康大会=大会紹介= 金沢中央走ろう会:編集長のマラソン写真集

広報資料で紹介します。 写真集『能登地区のランニング大会』
 県内のランニング大会の写真集を制作していますが、他の大会とか行事と重なることから、紹介していない大会が多くあります。その中で気になっているのが、「猿鬼歩こう走ろう健康大会」です。
 どんな大会なのかの概要くらいは紹介したいと、開催自治体の広報資料を探してみました。
ハーフマラソンの部コース地図
部門参加者 2010年ハーフの部 完走者: 92人
2011年ハーフの部 完走者:111人

大会の様子:スタート写真(能登町柳田運動公園)
2009年大会 2010年大会 2011年大会
=猿鬼歩こう走ろう健康大会の写真は、【広報のと】から引用したものです。=
写真を左クリックすると拡大表示します。拡大写真の左側・右側を左クリックし、切り替えます。
写真の上にカーソルを置くと、キャプションが現れます。

猿鬼歩こう走ろう健康大会2011(2011.9.25)
【WEB記事:北國新聞】
 第25回猿鬼歩こう走ろう健康大会は25日、能登町柳田地区で開催され、県内外から参加した約1100人がランニングやウオーキングを楽しみ、柳田中生徒や興能信用金庫などの約400人がスタッフとして大会運営を支えた。出場者は同町柳田運動公園を発着点に、地元の猿鬼伝説ゆかりの自然豊かなコースで汗を流した。 
 距離と年代別で走ろうの部には17部門、歩こうの部は3部門が用意された。昨年に続き、参院議員で国際弁護士の丸山和也氏が参加し、ランナーに声を掛けながら10キロのコースを完走した。
 今年は県立看護大(かほく市)の学生がテントを設け、出場者の血圧や骨密度を測定し、健康維持に向けアドバイスした。能登署のテントではランナーを先導した県警交通機動隊の白バイ2台が展示され、制服に着替えた子どもが写真撮影を楽しんだ。
【WEB記事:タイムキーパー】
「猿鬼歩こう走ろう健康大会」ってちょっとかわったネーミングです。その由来をご紹介いたします。
この地方には、むかし猿鬼とよばれる怪物が住み着いて人々に危害を与えておりました。その噂を聞き出雲大社に神々が集まり、気多大明神を大将に神軍が発せられました。神々は苦戦を強いられながらも大幡神杉姫がお告げを聞き、みごと退治されたという「猿鬼伝説」が言い伝えられ、大会名称の由来となっております。
また、平成23年6月11日に『能登の里山里海』が世界農業遺産に登録されました。

【連絡先】
猿鬼歩こう走ろう健康大会事務局 

〒927-0695
石川県鳳珠郡能登町字松波13-75 能登町教育委員会事務局内
TEL 0768-72-2509 FAX 0768-72-2393

【走ろうの部種目】ハーフ/10km/5km/3km
ハーフマラソンの部コース地図 2010年ハーフの部完走者: 92人
2011年ハーフの部完走者:111人

【編集長メモ】2011/11
■能登町WEBサイト → http://www.town.noto.ishikawa.jp/www/normal_top.jsp
■広報のと(能登町) → http://www.town.noto.ishikawa.jp/www/free/index.jsp

HOME写真特集写真集『能登地区のランニング大会』

Copyright Kanazawa-runners.com 2011|Photo Album