走快:ホノルルマラソン2004 金沢中央走ろう会/編集長レポート

2004ホノルルマラソン完走記録
写真マラソン2004(No.3)
ハワイカイを走る。
2004.12.12
写真番号:164〜197
掲載:2004/12/30_更新2005/01/16
目次 市街からDHへ ハイウェイ ハワイカイ HW(復路) カハラ DH(復路) 完走 公園・表彰式 日記 仲間 資料

ハワイカイを走る
高速道路からハワイカイへ。交差点の景色の良いところです。向こうからは、ハワイカイを回ってきたランナーがこちらに向っています。
 5マイルを通過。ハワイカイにきました。高速道路を左折し、住宅街を走ります。
 地域の人たちの応援とクッキーサービスなどの被写体を楽しみにしているところです。
165_07:57(02:57) 166_07:58(02:58)ハワイカイへ左折
167_07:58(02:58)サンタの衣装で応援 168_07:58(02:58)ここのトイレは混むのです。
169_07:59_橋の欄干でストレッチ 170_07:59_橋の右側の風景です
171_07:59_第8エイドステーション
171_07:59_第8エイドステーション 172_08:00_スポンジをどうぞ
173_08:00_緊迫感が伝わります 174_08:01_掃いても掃いても。。
175_08:01_グリースをどうぞ 176_08:01_やっと集めたぞ
177_08:07_ガンバッテネ。ギターを片手のお父さん。 178_08:08_おまわりさん
180_08:09可愛い応援団です 181_08:13_
182_08:16_ 183_08:16_クッキーをどうぞ
184 185
186_08:17_まだ17マイル(27.2km)ですヨ 187_08:22_走快
188_08:22_この辺りは支援テントが集中しています 189_08:22_
190_08:23_ここにも応援団 191_08:23_このカーブを曲がると高速道路に戻ります
192_08:23_ひとつ頂くわ 193_08:24_高速道路に合流
194_08:24_高速道路に入ったランナー 195_08:24_曲がり角で記念撮影
196_08:24_ここからハイウェイに戻ります 197_08:25_彼を撮ろうとしたら、私が写されたのです。
【写真の時刻表示】05:25(00:25)=現地時間(マラソンスタートからの時間)

編集長レポート
ハワイカイは楽しい。
 高速道路を左折し、ハワイカイの住宅街に入ります。地域の人たちの応援とクッキーサービスなどの被写体を楽しみにしているところです。今回はどうなんだろう。期待を持って走ります。カメラは何時でも撮影できるように手に持って走ります。
 ランナーを俯瞰したカットを撮りたいと適地を考えています。9マイル地点。ダイアモンドヘッドクレーターの入り口付近を右折すると緩い下りになります。前を走るランナーを一望できる格好の撮影スポットです。日の出前、少し薄明るくなっていますが、写真には暗すぎます。道路標識のポールにカメラを固定して撮影します。丸くて細いポールに、うまく支持できません。3枚撮影しましたが、いずれもブレが入っています。
 海岸沿いの高速道路は平坦です。ハワイカイでは勾配のあるところが撮影ポイントです。第8エイドステーションでランナーの列と組み合わせて撮影します。奥行きのあるカットが撮れました。
 17マイル(27.2km)では、路肩に腰をおろしたランナーを見かけるようになります。30kmの壁を撮影しておきます。ここから少し進んだところにあるトイレコーナーを利用します。前回利用して空いていることを経験しています。空いているトイレを使えるのは貴重な情報です。初マラソン参加のA君にアラモアナ公園のトイレとここを教えておきました。距離間も適当、いずれも待ち時間ゼロ。暖かい季節のマラソンでは、給水を小刻みに摂り、小用があれば、給水計画は大丈夫です。
 4月の加賀健勝マラソンでは30℃を越す炎天の気象条件で走りました。30km過ぎで脚にケイレン。丘陵地のアップダウンに歩きを交え制限時間の5時間ぎりぎりでフィニッシュ。ホノルルは比べものにならないくらい快適な条件で走れます。
この画面のTOPへ 次のページへ
ホノルルマラソン2004

ホノルルマラソン2004:目次 編集長のマラソン大会写真集
HM2004 暗い街を走る 日の出を迎えます エイドと応援 楽しい対面走行 住宅街を走る
TOP/目次 1:市街からDHへ 2:ハイウェイ(往) 3:ハワイカイ 4:ハイウェイ(復路) 5:カハラ地区
完走タイム ダイアモンドヘッド あと1km〜完走 走り終えて 好天の5日間 取材の出会い編
大会資料 6:DH(復路) 7:フィニッシュ 8:公園・表彰式 9:ハワイ滞在日記 10:仲間と楽しむ

Copyright 2004-2020 kanazawa-runners.com