走快:チャレンジ九頭龍フルマラソン。2010年大会は休止となりました。

 毎年参加しているマラソン・ランナーには残念なお知らせです。
 大会前に送られてくる案内が来ないことから、気をもんでいた常連ランナーの皆さん、事務局に連絡された方も多いと思います。
 2010年大会が休止になった経緯を掲載した記事がありましたので、紹介します。
九頭龍フルマラソンの写真集

【追記】2011年大会は開催されませんでした。福井県内でのフルマラソン大会はなくなりました。

【福井新聞】2010年9月14日
九頭龍フルマラソン、今年は休止 永平寺町、コース変更町民ら検討
元気にスタートする「チャレンジ九頭龍フルマラソン」の参加者=昨年11月15日、永平寺町の松岡河川公園
元気にスタートする「チャレンジ九頭龍フルマラソン」の参加者
=昨年11月15日、永平寺町の松岡河川公園
 永平寺町などが毎年11月に開催する福井県内唯一のフルマラソン大会「チャレンジ九頭龍フルマラソン」が今年、休止となった。コースの9割は福井市内を通るため、町民が沿道で応援しやすいようコース変更を検討中。早く新コースを決めて「来年には再開したい」としている。
 同町松岡河川公園をスタートし、福井市中角橋付近の折り返し地点までの九頭竜川沿いのサイクリングロードを2往復する日本陸連公認コースで開かれている。昨年の17回大会には699人がエントリーした。
 制限時間が6時間と長く、例年フルマラソン初挑戦のランナーが多く参加。県内のマラソン愛好家でつくる「九頭龍走友会」メンバーが「見回り奉行」「完走請負人」として並走し、ペースが落ちたランナーを激励することもあって根強いファンがいる。
 町教委生涯学習課によると、町民から「ランナーに声援を送って大会をもっと盛り上げたい」といった声があったことから、昨秋に町民らで検討委を設立。コースの大半を町内に変更可能かどうか協議している。また、42・195キロのほかに5キロ、10キロのコース新設についても検討している。
 同課は「一般道を使うことになれば交通規制が必要になり、警察などの許可も必要になってくるので、今年はどうしても間に合わない。来年は新コースでぜひ大会を再開したい」としている。
【出典】http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/23629_1.html

【編集長メモ:2010/10】
 編集長は、2004年に休止され、再開された2005年大会から連続して参加しています。私の年間計画は、夏からこの大会に合わせて走力を上げ、新たなマラソンシーズンを迎え、翌年の春の大会までサブフォーの走力を維持するものです。その最初の大会が休止となりました。
 今回の件は、九頭龍走友会の方から、コースを検討しているとの話を伺っていました。
 松岡町が合併で永平寺町として統合されたことから派生した出来事なのでしょうか。新たなコース設定には多くの課題が発生します。山あいの地域だけに町内だけでマラソンコースを設定するのはかなり厳しいことと思われます。全国でも多くの団体が、交通規制の不要な河川敷の公園やサイクリング路を利用することで、経費のかからない大会運営をしているのが現実です。
 この大会を楽しむランナーや大会スタッフの皆さんの様子は、シッカリ写真取材してあります。身近な大会を楽しむ隣県のマラソン・ランナーとしては、早い再開を望むばかりです。
【追記】2011年大会は開催されませんでした。福井県内でのフルマラソン大会はなくなりました。

九頭龍フルマラソン2005九頭龍フルマラソン2006・2007|九頭龍フルマラソン2008|

HOME写真特集

Copyright Kanazawa-runners.com 2011|Photo Album