走快:加賀温泉郷マラソン2013・2014
第2回大会は、中止になる。 加賀温泉郷マラソン写真集
金沢中央走ろう会:編集長のマラソン写真集

加賀健勝マラソン2012写真集に戻る
加賀温泉郷マラソン2013。第1回大会は、脚のトラブルで参加できませんでした。
 2012年大会の撮影で、この大会の完成形と考えていましたが、2013年大会で、コースが一新された。地元大会を紹介しようというのが写真集の趣旨です。再度撮影を予定します。
 2013年1月、春の大会に向けて練習開始。2月初旬、ダッシュの練習中に初めて経験する強烈なショック。脚のモモ裏で肉離れです。申込みの矢先に練習もできないというトラブル。参加を諦めます。会場周辺の駐車場利用も制限されたことから、撮影も見合わせ、次回に。。
 私は、カメラ機材を複数使い分け、車をその交換基地としているため会場・コースの直近に駐車しておく。この大会では、競技場横の駐車場がベスト、早朝に出発して確保していた。今回の案内では会場周辺の指定駐車場からシャトルバスでの送迎となっていた。

加賀温泉郷マラソン2014。第2回大会は中止に。
 全国健勝マラソンは、コースなど内容を一新して、2013年4月に加賀温泉郷マラソンとして第1回目を開催した。
 2回目は11月から募集が始まっていたが、同月22日になって中止が決定した。理由は大幅な赤字になったことだという。
 収支確定に半年もかかる訳がない。WEBサイトのお詫びで『第2回大会を強行する』などと、穏やかならざる文面もみられることから、トラブルを内包していた感がいなめない。
加賀温泉郷マラソンの写真集は、いつ撮影できる?
 この大会は、2004年にマラソン部門ができてから、連続で参加してきた。タフなコースにも負けず、4時間完走に挑戦。写真撮影もシッカリこなして、大会紹介の写真集を制作した。
 コースが一新された2013年大会は、新たな写真集の企画になる。コースを調べて、撮影のイメージを膨らましていた。エントリー直前の2月に脚の肉バナレをおこして参加を見合わせることとなった。
 2014年大会は撮影したい。夏から秋にかけて、登山で脚のトラブルを再発しなかったこと、ランニング大会で20〜30kmの距離を走れることを確認できたので、エントリーしようと考えていた矢先に、このニュースだ。地域のランナーの皆さんも、さぞガッカリしたことだろう。再開の段取りまでシバラクかかるかもしれないが、期待をしていよう。

北陸地区のマラソン大会の参加費
北陸地区のマラソン大会
 北陸地区では、2015年の北陸新幹線の開業に合わせて、3つのマラソン大会の新設準備が進んでいる。そんな時期に、加賀温泉郷マラソンの中止だ。九頭龍マラソンでも、2010年に歯切れ悪い中止があった。
 日本中でご当地マラソンが乱立している。全国から多くのランナーを呼ぶには継続性のある魅力が必要だ。そうでなければ、地元ランナーを軸に全国からの旅行好きランナーを加えて楽しんでもらえる、身の丈に応じた大会運営が継続できる基本だと思う。 

「第2回加賀温泉郷マラソン」中止のお詫び(WEBサイトより収録)

2013年11月23日:北陸中日新聞の記事
来春の加賀温泉郷マラソン 今年赤字理由に中止
650人 既に申し込み
 石川県加賀市は22日、2014年4月に開催を予定していたマラソン大会「第2回加賀温泉郷マラソン」を中止すると発表した。すでに今月1日から受け付けを始め、約650人が申し込んでいた。市はことしの第1回大会が赤字だったことを理由に挙げる。担当者は「業者と第1回大会の費用を減らすよう交渉し、10月にようやく赤字が確定。中止の決定が遅くなってしまった」と謝罪する。
 大会は、市や市陸上競技協会などでつくる実行委が、全国健勝マラソン加賀温泉郷大会の内容を一新し、ことし4月に初めて開いた。前年の大会で約3100人だった申込者数は約4100人に急増。だが収支は約2千2百万円の赤字になった。
 事務局の市教委によると、申込者数が目標の4970人に届かず収入が不足。市内3温泉地を巡るコース設定にしたため安全確保の看板を増設したほか、警備員の確保にも費用がかさんだ。エイドステーション(給水所)を増やしたことも費用の増加につながった。準備期間が約1年と短く、開催を十分に周知できなかったのも原因としている。
 第2回大会は2014年4月19、20両日の開催を予定。市は22日に受け付けを中止し、公式ホームページにおわびを掲載した。市は今後、第1回大会の内容を検証した上で、大会を再開できるか判断する。
 市教委の担当者は「初めてのコースで実施したため手探り状態だった。先進地を視察した上で十分な時間をかけて準備すべきで、見込みが甘かった。楽しみにしていた人たちに申し訳ない」と反省。宮元陸市長は「今後の教訓とするためしっかり検証したい」と話した。市は申込者には参加費を返金しておわびの文書を送付する。


|写真特集|加賀温泉郷マラソン写真集

Copyright Kanazawa-runners.com 2014|Photo Album