九頭龍フルマラソン:写真集
金沢中央走ろう会:写真特集

フルマラソンに挑戦しよう 北陸3県のマラソン大会:写真集
  地元で開催される大会を編集長の撮りランで紹介します



地元のマラソン大会を楽しもう。
…石川・富山・福井県で開催されるフルマラソン大会を紹介します。お楽しみください。…
全国健勝マラソン加賀温泉郷大会
九頭龍フルマラソン2010=中止
九頭龍フルマラソン2009 欠場
九頭龍フルマラソン2008 参加
九頭龍フルマラソン2007
九頭龍フルマラソン2006
九頭龍フルマラソン2005  初参加
九頭龍フルマラソン=コース図
※2010年以降、福井県内での
フルマラソン大会は開催されていません。
福井県にマラソン大会新設の計画
ふくい桜マラソン=2024年春開催予定
九頭龍フルマラソン(11月:福井県永平寺町)
 福井県で唯一のフルマラソン大会。九頭龍川の河川敷コース。秋色の山波を眺めながらマラソンを楽しみます。ホノルルマラソン2003・2004と2年続けて参加した年末のマラソン。11月中旬に開催されるこの大会が年末締めの大会となりました。2005〜2008年大会に参加。
 寒冷期で起伏の少ないこのコースはタイムを出すには好条件です。初参加の2005年大会で4時間5分。以降、サブフォーを楽しむ大会となりました。
 コース横が駐車場です。荒天時は、スタート直前まで車中で待機でき、フィニッシュ後もすぐ着替えができます。入浴券付きなので、身体を温めてから帰途につきます。
 2009年秋から2010年6月まで体調不良で入退院を3回。2009年大会は欠場。回復して、2010年大会の参加を予定していましたが休止となり、再開されないままとなっています。

フルマラソンを楽しもう 北陸3県フルマラソン大会の案内
@地元で開催される大会。編集長の撮りランで紹介します。
金沢マラソン(10月:金沢市) 金沢マラソン:2015〜2019
マラソンに挑戦する会(9月:金沢市) マラソンに挑戦する会:2004〜2020年
能登和倉万葉の里マラソン(3月:七尾市) 能登和倉マラソン2009(第1回大会)
加賀温泉郷マラソン(4月:加賀市) 全国健勝マラソン加賀温泉郷大会(特集)
富山清流マラソン(5月:富山市) 富山清流マラソン:2006〜2019年
九頭龍フルマラソン(11月:福井県永平寺町) 九頭龍フルマラソン:2005〜2010年
A一度走ってみたい。人気のマラソン大会。編集長の撮りランで紹介します。
東京マラソン=日本一のビッグ大会 東京マラソン2007(第1回大会)
ホノルルマラソン ホノルルマラソン2004 ホノルルマラソン2003
写真集『編集長のマラソン写真集』のバックナンバーです。お楽しみください。更新:2018/11/19

金沢マラソン(10月金沢市)〜北陸三県、唯一の都市型マラソン〜
金沢マラソン2017
2015年新設の都市型マラソン。写真集は、コース情報満載です。

能登和倉マラソン(3月七尾市)〜七尾湾岸の周回を楽しむ〜
能登和倉マラソン(3月):能登島大橋を渡る。2009年新設の大会です。

加賀健勝マラソン(4月:加賀市)
加賀健勝マラソンは丘陵地と平野部が半々。丘陵地をうまく走りきるのがコツ。

とやま清流マラソン(5月富山市)〜新緑の桜並木とサイクリング路を走る〜
とやま清流マラソン(5月):新緑の堤防から河川敷へ

九頭龍フルマラソン(11月永平寺町)〜晩秋の河川敷コースを走る〜【2009年で終了】
九頭龍フルマラソン(11月):秋の河川敷を走る


北陸のマラソン大会を楽しもう。【2017年版】
石川・富山・福井県で開催されるフルマラソン大会を紹介します(開催時期順)。
大会名 開催地 開催時期 制限時間 紹介記事
能登和倉マラソン(2009年新設) 石川県七尾市 3月上旬 7時間 写真集2009
加賀温泉郷マラソン 石川県加賀市 4月中旬 6時間 大会写真集
マラソンに挑戦する会 石川県金沢市 5月初旬 6時間 大会写真集
とやま清流マラソン 富山県富山市 5月中旬 7時間 写真集(目次)
金沢マラソン(2015年新設) 石川県金沢市 10月下旬 7時間 写真集(目次)
富山マラソン(2015年新設) 富山県 10月下旬 7時間
チャレンジ九頭龍フルマラソン 福井県永平寺町 11月中旬 6時間 写真集(目次)

マラソン大会新設計画
福井県にマラソン大会新設の計画【福井新聞=2021/03/25】
福井県内フルマラソン、経由地候補に桜名所の足羽川や丸岡城。2024年春開催目指す。
 北陸新幹線金沢―敦賀間開業に合わせ、2024年春に福井県内で開催を目指すフルマラソン大会の基本計画が3月24日、決まった。JR福井駅西口付近を発着点とするコースの経由地として、足羽川や丸岡城など桜の名所を中心に県内7カ所が示された。新年度に実施計画をまとめてコースを確定するほか、本番に向けた機運醸成イベントに取り組む。
 基本計画によると、約1万人の参加を想定。経由候補地として、▽足羽川・さくら通り▽足羽山▽9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)▽桜並木と田園風景が望める狐川沿い▽九頭竜川・日野川▽新九頭竜橋(仮称)▽丸岡城―の福井市と坂井市の7カ所を挙げた。
 大会コンセプトを「全国に誇れるとんがったフルマラソン」「全都道府県で一番最後だけど一番新しい、新世代のフルマラソン」などと設定。次世代のトップランナー育成に向けた仕組みを導入するほか、遠隔地からもスマートフォンなどで参加できるオンラインマラソンの部を検討する。
 福井県など関係機関でつくる検討委員会と準備委員会の会合を24日に福井市内で開催。基本計画を練ってきた検討委は最終会合となり、準備委に移行し実施計画を策定する。
 26日に大会名、スローガンの公募を始めるほか、機運醸成イベントとして新年度からランニング教室の開催や県内ランニングクラブの活動推進などに取り組む。

写真特集北陸3県のフルマラソン大会:案内北陸3県のマラソン大会:写真集
Copyright Kanazawa-runners.com 2004-2021